機能の充実や利便性の向上ではなく、現状のSNSが生んだ問題点を解決させることです。

MENU

SNSの今後

進化よりも問題点の解決

SNSの需要が高まったことで、日常生活にすら影響を与えてきました。
これは利便性と満足度を徹底的に追及した結果であり、最も成功を収めたのはLINEです。

 

SNSの今後

今やSNSは世界の誰とでも交流でき、その手段もメッセージのみならず、映像や音声まで対応しています。

 

今後どういった進化を見せてくれるか注目ですが、現状必要なのは進化ではなく問題点の解決です。機能が充実した分、それが悪用されるケースも発生してきて、中には事件に発展する例もあります。

 

SNSが悪いというわけではないですが、事実悪用されるケースがある以上、機能の進化を目指すより、現状の問題点を解決させることを優先すべきでしょう。

 

 

 

SNSが生んだ問題点

例えば、アドレスや電話番号を教えることなく利用できるツイッター、これは当時画期的でしたが、匿名で使用できることが悪用され、炎上や批判といった中傷に悩むユーザーも多く存在しています。

 

相手がメッセージを読んだことが分かるLINEの既読機能も便利ですが、中高生を中心に、既読無視というトラブルを生む要素が生まれました。

 

このように、利便性や満足度を意識した機能が導入されるにつれ、同時にそれが悪用されるケースが生まれてしまうのです。

 

「どんな道具も使い方を間違えるとケガをする」、これはSNSに限ったことではないですが、現に社会問題にもなっている以上、今後は進化でなく、それら問題点の解決を優先していくべきでしょう。

 

SNSが今後どうなっていくか、それは誰にも分かりません。
しかし、進むべき方向を間違えると衰退するのは、SNSもその例外ではありません

 

今SNSに必要なのは、良いイメージです。イメージが悪くなればユーザーも減っていきますし、利用していることを堂々と口にしにくくなります。

 

機能の充実や利便性の向上ではなく、現状のSNSが生んだ問題点を解決させ、イメージを良くすることが、SNSの今後を占うカギとなるのではないでしょうか。