SNSでの出会いは、相手の身元は分かっても、人間性までは分からないと言えます。

MENU

SNSで出会う危険性

身元は分かるが人間性までは分からない

SNSでの出会いは安全、そう確信する人の場合、理由として相手の本名や素性が分かっているからと挙げます。

 

ツイッターなど、種類によってはハッキリと相手の素性が分からないものもありますが、フェイスブックを代表に、本名で利用するサービスも存在します。

 

つまり、相手がどこの誰か分かるから安心、そう思ってしまいがちです。しかし、それだけでは決して安全とは言えません。

 

なぜなら、相手の身元は分かっても、人間性までは分からないからです。ネット上と現実とで態度が全く違う人間は大勢いますし、むしろ全く同じという方が珍しいです。

 

「こんな人だと思わなかった。」、SNSで軽率に出会ってしまうと、そんな予想外の事態が起こり得るのです。

 

 

 

身元を偽る人間もいる

悪質なユーザー

利用者全てが良識あるユーザーなら、全く問題ありません。しかし残念ながら、中には悪質なユーザーも存在し、身元を偽ってまで利用するユーザーも存在します。

 

代表的なパターンとしては、性別を偽るユーザーがいて、実際にネカマやネナベなどとネタにされています。

 

この程度ならまだ笑い話で済みますが、これに出会いが絡んでくると、トラブルに発展するケースもあります。

 

職業、年齢、名前など、偽れる部分は数多くありますし、騙そうと思えば騙せてしまう世界です。このため、安易にSNS仲間以上の関係を求めて会ってしまうと、こうした危険性が顔を出すのです。

 

 

 

禁断の出会いも起こり得る

SNSで女性と仲良くなり、実際に会うことになったというケースは多いですし、現にそれがきっかけで交際や結婚にまで発展するカップルも存在します。

 

それはそれで祝福すべきことですが、SNSの出会い全てがいい出会いとは限りません。
中には、出会ってはいけない相手と出会ってしまうケースもあるのです。

 

例えば、SNSがきっかけで女性と出会ったとします。
その女性が実は高校生で、さらにその女性とエッチしてしまったら大問題です。

 

これは法に触れる行為になりますし、実際にこのパターンで逮捕された男性も数多く存在します。普段なら出会うはずのなかった二人ですが、出会ってしまったことでこうした事態を招いたわけです。

 

SNSにはこうした怖さも潜んでいるのです。

 

SNSでの出会いは、出会い系と同じ類の危険性があると言えます。

 

ただしSNSの場合出会い系に比べて相手の素性がわかっている分、どうしても油断が生じやすいのです。その油断が命取りになるので、いくらSNSでも、安易な出会いは避けるべきです。

 

 

オススメ!出会えるSNSアプリ