SNSの特徴として「知り合いかもしれない」人を自動的にピックアップしてくれる機能があることです。これは元カノ・元カレも例外ではありません。

MENU

思わぬ旧友(異性)との復活恋愛か?あるかも!?

Twitterは数多くの人がやっています。知り合った女の子とメルアドを交換する代わりにTwitterでフォローし合う、ということもよくやることです。

 

また、流れてくるツイートで面白いと思える発言をする人をフォーすることでコミュニケーションが深まっていきます。

 

しかし、Twitterではそのツイートをしている人が誰なのかは特定できません。

 

特に女性の場合、本名を明かすことはほとんどないと言ってよいでしょう。

 

 

 

 

 

しかし、SNSでは本名で登録することを基本としています。

 

偽名で登録する人も多いですが、SNSは信頼性が高いとはいえます。
Facebookは名前で検索することが可能です。

 

友達の名前で検索してみて、プロフィールを読んで、その人が本当に探している友達なら友達申請を出します。

 

  • 昔に別れた彼女…、
  • 誰でもひとりはふたり、いるものですよね。
  • 別れてから数ヶ月、数年たつけど、今も忘れられない人…。

 

 

別れる時にメールアドレスも捨ててしまって、自分のアドレスも変えてしまったりすると二度とコンタクトは取れません。

 

ネットで検索しても大抵の場合、ヒットしません。
Twitterをやっているかもしれませんが、本名でやっていないからです。
しかし、Facebookならヒットすることがあります。

 

 

Facebook

プロフィールを読んでみると出た学校名からその人が昔、付き合っていた彼女だとわかります。

 

女性の場合、結婚してしまうと苗字が変わってしまうので探すことは困難となりますが、別れてまだ数ヶ月、数年なら結婚していない可能性のほうが高いです。

 

彼女のFacebookでの書き込みを読んでみると付き合っていた頃では知らなかったことがいろいろ書かれています。

 

facebook派?mixi派?

 

大抵の場合、女性はドライです。
別れた男性のことはきれいさっぱり忘れてしまうものです。
しかし、中にはヨリを戻したいと思っている女性もいます。

 

 

友達申請をすることでまた、ふたりの関係が始まる、そんなこともあると思います。