下手をするとアカウント自体にアクセスできなくなってしまうことも…

MENU

番号・アドレスの交換はペナルティに注意が必要です。

mixiなどでは日記やコミュニティーなど人目に触れるところは勿論、プライベートなメッセージでも電話番号やメールアドレスの交換を禁じているところがあります。

 

SNSの多くは出会いだけを目的とした利用を禁じているからです。

 

実際、出会いによる犯罪も増えており、出会ったのが自社が運営するサイトだとわかれば悪い噂となり、そのサイトを利用していたユーザー離れにつながります。
その危険性をSNSの運営者は少しでも排除しておきたいからです。

 

 

退会

しかし、禁止していたとしても、総てのメッセージを監視しているのではないため、メールアドレスがたとえばabc@なら、えーびーしーあっとと書くことで監視の目を盗んで交換することは可能です。
とはいえ、そんなことをしているのがバレた場合、入っているSNSから強制退会されてしまうのがオチです。

 

突然、サイトの運営者から「違法が発覚したためアカウントは削除しました」と通達されるとすごく嫌な気分になります。

 

また、よほど親しくならない限り、女の子のほうもえーびーしーあっとをabc@に変換してメールしてくれる、ということはないでしょう。

 

ですから、どちらかといえば最初からやらない方が無難だといえます。

 

 

 

 

メールアドレスや電話番号を聞くより、会う約束をした方が早い!?

 

大人の出会い系サイトの場合、ダラメ、いわゆるダラダラとしたメールを男も女も嫌がります。
即会を求めているからです。

 

しかし、SNS系サイトの場合、ダラメで友好を深めていきます。
ピュアな出会いを求めているからです。

 

3ヶ月ほどメールで互いのことを深く知り、話が合う、いい人だと感じたら、自然な雰囲気でデートに誘うことが出来ます。

 

リアルに会っても互いのことをよく知っているので、初めて会ったような話題不足もなく、とても良好な関係がすぐにできます。

 

電話番号やメールアドレスを直ぐに知りたがる男性は多いですが、それは逆効果なので控えた方が懸命です。